超特急 初めての推しができてから今まで。

こんばんは。

 

気持ちの整理にははてなブログが良いと友人に勧められたので今の気持ちをザーッと書かせていただきます。個人的な感想なので解釈違いの方がいらっしゃいましたらすみません。

 

まずは8号車になるまでのおはなし。(初投稿なんでご挨拶?もかねて。)

僕が超特急を初めて知ったのは金曜深夜にやっていた某バラエティ番組でした。

その番組は『これからブレイクしそうな、ある界隈で人気の芸能人』を紹介する番組で、意外と出演してタレントや歌手がその後名前を耳にするようになったので(因みに初回のゲストはぺこ&りゅうちぇる)個人的に注目している番組でした。

いつもの様に録画したその番組を見ていると、そこには"今話題沸騰中のメインダンサーバックボーカルグループ"のテロップが。

なんじゃそりゃあ??ですよね。知らない身からしたら。ボーカルが後ろで、ファンの通称が8号車??

また変な設定のグループで本人達も大変だなぁ〜なんて考えながら見ていると、どうやらライブがとてつもなく面白いとの事。

そしてそんなライブで会場がいつも一体となる曲があるとスタジオ披露されたのがBurn!でした。

元々王道なアニソンが好きだった事もあり、

おや?いい曲じゃない?アニメのOPみたいで好きだな。いやそれにしても歌上手いな!?

えっお父さん歌うまっ!!末っ子は顔がひたすらに良いな??なんて考えているうちに気がついたらYouTubeで過去の曲をひたすらに聴き、アルバムをダウンロードして聴き、ふじびじをすぐさま2周してしまう位にはハマっていました。

曲が歌が良かったというのは大きいんですが、何より7人個々が強いのに仲が良い。そして、みんな良い子たちという事が見てるだけで伝わってきたんですよね。なんていうんでしょうか?超特急みんな裏を作れないみたいなところありませんか?隠そうとしても見えてるよ?みたいな…伝わりますかね?こんなに顔が良いのにピュアというか…こんなグループこのご時世に中々いないなと感動して、どんどん惹かれていきました。

 

自分ってこんなに行動力あったんだ??と思うくらいに行けるライブには足を運びましたね。

今までアイドルの現場には行った事がなかったのでライブでペンライトを振るというのも初めてで抵抗もありましたがすぐに慣れました。

超特急のライブは本当に楽しい!

 

最初は歌が大好きだからという理由でボーカルを推していたんですが、いつからか白黒振るのが大変になり(頭悪いんで当時常に指揮してました笑)やっぱり自分にはコーイチかなぁと黒だけ振ろうと決めました。彼の歌声がなければ超特急を好きにならなかったのは確かでしたから。

それに何か上手く言えないんですが何でもそつなくこなすくせに、なんだか生きづらそうなところとか、気怠るそうな雰囲気も好きでしたし。

 

コーイチ単推しになってからは今まで以上に本当に楽しかったですね。もともと超特急はグループとしてみんな好き(グループだと普通1人は苦手な人いますけどそれがないってすごいですよね)でしたけどコーイチと絡む超特急メンバーを見てより好きになりました。コースケや船吉やいちご、親娘にやでよしは言わずもがな、カイくんとなぜか距離近くなる時期はやたらと語彙力を失っていましたね。

 

うたうたいに男祭りに超フェスと

今年もまたたくさん楽しみが待っていると思っていたんですけどね…

城ホ公演を見てこれからも7人で突き進んでいくんだなぁって思っていたんですけどね…

あの涙は嬉し涙だと思っていたのに。

あーなんで辞めちゃったのか…

 

あの日を境に恥ずかしながら情緒不安定な日々が続き、体調崩したりしました。

それだけ7人の超特急好きだったんだなぁと実感もしましたね。

 

だから6人になってのパフォーマンスを見るのは本当にしんどかった。

パーバレ、男祭り、舞浜ハイタッチ会

上記の3公演では常に泣いていましたね。(FCイベはチキって流しました…)

パーバレでは大好きなLove againが来るとは思わず膝から崩れ落ち、男祭りでは同じコーイチ推しと涙を流し、舞浜は単番だったのでコーイチのいないツラさに耐えきれず初めてライブで地蔵かましました。

何がツライかと言われると大好きだった歌声が聴こえてこないというのは当然なんですが、

ライブ中どこを見ていたらいいのか分からないんですよ。頭ではいないと分かっているのに、コーイチどこ行った??って探すんですよ。で、あっいないんだった…と虚無感に襲われ、その繰り返し。

そしてタカシくんの声だけで新たに生まれ変わる過去の楽曲たちを聴くたびに、あぁここのフェイクやアレンジ好きだったな…と泣きながらコーイチの歌声が大好きだったと再確認させられるんです。

現場ではオタクたちと楽しく過ごせても1人になるとやってくるスーパー虚無タイム。

ああツライ。

 

そんなにツライなら下車すれば?行かなければいい、そう思いますよね。実際質問箱などにもそのような質問来たりしてました。

何で下車しないのか、それはやはり超特急が好きだからなんですよね。コーイチがいなくても嫌いになれないんですよ。6人で頑張る彼らを否定したくないし、僕に今までの楽しい時間をくれたのはコーイチだけじゃなく超特急だったんですよ。超特急を否定したくないんですよ。

だからこれからも超特急を応援したいと思い苦しくても会場に足を運んでいました。

 

6人のパフォーマンスを見るたびに苦しくなるんですが、その時その時の最善を尽くしてカッコいい姿を見せられる度に超特急好きだなぁと改めて感じさせられて…

コーイチがいなくて悲しく辛い、もうやめてくれという気持ちと立ちはだかる壁をまた一つまた一つと乗り越えていく超特急をやっぱり応援したいという気持ち、真反対の気持ちが常にあって本当に不安定な気持ち。

他推しの子たちはどんどん前に進んでいるのに…コーイチ推しはいつ救われるのだろう。

そんなモヤモヤがずーっと胸にあります。

 

 

そんなこんなで周囲の友人たちと気まずくなりながらも何とか迎えた武蔵野公演当日。

色々と不安になりながら公演開始を待ちました。

今回の公演では前から持っていた白、そしてツアー中コーイチとカイくんの距離がやたら近く感じた時に買った青、新しく購入したピンクを振りました。

6人になってから今までの公演では黒をお守りとして持って行っていましたが、今回は持って行きませんでした。

自分の中で今回からは6人の超特急を応援しようと決めていました。

 

 

そして開演。

正直言って驚きました。だって6人での公演が今まで以上に素晴らしかったから。

絶対に、やっぱり6人じゃダメだ…そう感じると思っていたから。

One lifeやsynchro、starlight、まさかくるとは思わなかった曲たちに涙が出そうになる度、新たな演出が起こり、その感動に悲しがってる暇なんてありませんでした。

 

1人で歌い続けるタカシくん、そしてそれを支えないとという気持ちが伝わってくる5人。6人での最善を考えられた構成。そんな姿を見せつけられて気がついたら悲しみも忘れペンライトを高々と掲げてました。

本当にカッコよかった。6人でも大丈夫なんだって思いました。

 

超特急 武蔵野公演、本当に本当に素晴らしい公演でした。超特急これからも大丈夫だ、そう強く思った1日目でした。2日目もミスもあったりしましたが、前日と同じように素晴らしい公演でした。

しかし前日見ているために感動が薄れてしまったのか、あることに気が付きました。以前のように、黒を振っていた時のように笑顔で心から楽しんで推しのペンライトを振るこはもう出来ないんだと。

カイくんはやっぱりあざとくてけどそこが良くて。タカシくんの頑張りに毎度感動させられて

いるし、リョウガさんもタクちゃんもユーキちゃんもスケちゃんもみんな好き。超特急が大好き。だけど黒を振っていた時とは何かが違う。あの気持ちでペンライトをもう触れないんだなと思うと悲しくなります。今は、なのかもしれませんが、やっぱり他の色を振る時は何が違うんです。

 

またネガティブなこと言ってますが、

結局のところコーイチも超特急も大好きなんです。

6人の超特急推すとは決めたので、現場には行きます。また心から楽しくペンライトが触れるようになるまで時間がかかるでしょうし、前より現場数も減ると思いますが超特急は応援していこうと思います。

またいつかこのモヤモヤが消えて楽しくペンライト触れるようになりますように。

 

明日からの神戸公演、行けませんが成功しますように。そしてみなさん楽しんでください。

 

だらだらと失礼しました。最後までお読みいただいた方ありがとうございました。